読書発表会   

c0136150_14485996.jpg
読書発表会がクラスごとにあるのですが、年末に一人目のクラスでありました。
読む本を決める→本の内容を話し合う→先生の指示に従い感想文を書く→暗記→プロジェクトを作る→発表 
こんな具合に進みました。
で、発表のときは、ノートを見ない。大きな声を出す。これが大きなポイントでした。
選んだ本は、Beatrice doesn't want to 主人公の本の嫌いなビートリスがどうやって本が好きになっていくのかという内容です。
うちの娘は、どちらかと言うと日本語の方が上手なので、英語になると消極的になってしまう。
なので、ほとんど私が手伝いました・・・。これでいいのだろうか。
とりあえず、本の内容は把握していたので、娘の書いたボディに肉付けをしてできあがり。
なんせ人一倍シャイな子ですから、お友達の見ている前で堂々と言えなかったみたい。
褒めて褒めて褒め育てのアメリカ式なので、ちゃんと言えなくてもこどもたちの良かった所を褒めちぎってもらったらしく、娘は笑顔で「できたよ!」と私に報告してくれました。^^;
褒めちぎった割には、この点、厳しいな・・・^^;;と点数と褒め方のギャップを感じた母でした。笑
でも、おうちで暗記してできていたから◎!
プロジェクトは娘の描いたポスターをダンボールで作った額に入れてみました。表紙と裏表紙に娘の描いた主人公の絵をフエルトにうつして、切ってはっての繰り返し。
[PR]

by aoharujion | 2008-01-15 19:39 | 暮らしのひとこま

<< モッフルを焼きました ぐうたらしてました >>